Webガイド(出展者検索)

会 期
2024年3月5日(火)〜8日(金)
会 場
東京ビッグサイト

ジェトロ水産物パビリオン

  • 水産
  • ブース番号 W1-W31
  • 国内出展者
  • 輸出可能

日本の水産品

出展製品 日本の水産品

出展製品

共同出展者

小浜海産物株式会社

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
弊社のブースは、魚醤の製造や、生鮮珍味の製品を展示しております。他にも冷凍原料魚の取り扱いや、鮮魚の販売をしております。現地との直接貿易も可能となっております。
出展製品 雲丹醤、小鯛ささ漬、あじささ漬、金目鯛昆布〆、ささ燻サーモン、ささ燻サバ、ささ燻金目鯛

小浜海産物株式会社 イメージ

株式会社海心

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
レンジだけで生からこんがり焼き目が付く特許製法の焼き魚です。
和食ベースで味付けした、お魚の商品のライナップです。
出展製品 レンジでこんがり焼き魚(鮭、銀たら他)
銀たら柚子西京みそ
銀たら煮付け
海鮮おこわ(牡蛎、ほたて、アワビ他)
きんき開き

株式会社海心 イメージ

籠清

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
私どもは日本を代表する蒲鉾屋です。
1814年の創業以来、小田原蒲鉾の古き良き伝統を守りながら、200有余年にわたって食文化の創造と食生活の向上に努めてまいりました。
小田原蒲鉾の名に恥じない高級な品質を維持し、昔ながらの味と食感を世界の多くの方々に楽しんでいただきたいと考えております。
またおでん種(揚げかまぼこ)についても、伝統の中で培われた独特の技術や製法を、日々の生産にいかしております。
出展製品 小田原おでん、さしみかまぼこ、どうぶつかまぼこパンダ、ほか

籠清 イメージ

株式会社磯駒海苔

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
磯駒海苔は、焼のり、ふりかけ(ごま、かつお、わさび、桜えび)を製造しています。
静岡県の特産品を活かした商品作りをしています。
現在、自社若しくは商社経由で台湾、ベトナム、イスラエル、ドバイ、モーリシャス、マレーシア、シンガポール等へ商品を輸出しており
ISO22000、ハラル認証、Kosher(他社帰属)、タイGMPを取得しています。EPAなどの活用も可能です。
出展製品 焼のり、おにぎりシート、ふりかけ(ごま、かつお、わさび、桜えび)

株式会社磯駒海苔 イメージ

呉市

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
広島県呉市は、豊かな自然と美しい景観で知られる瀬戸内海に面した港町であり、観光都市として、また美味しいグルメの街としても知られています。
瀬戸内海の穏やかな海によって育まれた豊かな海の幸が魅力の地域であり、1500年代半ばから牡蠣の養殖が行われており、現在では日本有数の牡蠣の生産地として知られています。また、その他にも海苔やわかめ、片口いわしなどのを使用した高品質な水産加工品も生産しています。
ジャパンパビリオンでは、シンガポール航空が発行する機内誌「SilverKris」とそのウェブサイトにて紹介された牡蠣生産者であるの音戸海産有限会社が生産する牡蠣“かきむすめ”と、高品質な国内産の海苔、わかめ、片口いわしの加工水産物を扱う有限会社松本商店が出展しています。
出展製品 牡蠣,小魚,煮干し,海苔,わかめ

呉市 イメージ

株式会社グローバルフィッシュ

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
弊社のブースでは水産の商材を展示します。ご興味の方はお声掛けください。
出展製品 弊社は全国の産地、漁港の有力なパートナーから最高鮮度の商品を買い付け、よりリーズナブルな価格でお客様にご提供しております。高品質の水産品をいつでも安定した価格でご提供できるように、最先端の冷凍技術を駆使して弊社独自の高鮮度冷凍をお届けしています。弊社は全国の生産者と長期にわたる協力関係を築き、希少な食材を沢山取り扱っております。水産品、農畜産品からグロサリーまで幅広く提供することができます。生産者とお客様双方にご満足いただけることを目指して、お約束したら欠品せずに、品質に見合ったリーズナブルな価格で提供しております。

株式会社グローバルフィッシュ イメージ

株式会社サン・ダイコー

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
私たちは「医と食」の分野で事業を展開するサン・ダイコーです。今回は(株)エフズクリエイトの「かのやカンパチ」、(株)大分みらい水産の「潮風ブリ」を出展致します、是非お立ち寄りください。
出展製品 潮風ブリ
かのやカンパチ

株式会社清水商店

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
当社は、1907年の創業から海産物加工ひとすじに「たこ」や「いか」等をお届けして参りました。近年では新鮮な素材の提供に加え、商品開発にも力を注ぎ、「新しい味覚の追求」を目指して惣菜・冷凍食品の充実も進めております。私たちは、新鮮な「食」のご提供をお約束いたします。
出展製品 モーリタニア蒸し蛸、北海道蒸し蛸、釜ゆでやりいか、ボイル紋甲いか下足、梅酢たこ、黒酢たこ

株式会社清水商店 イメージ

株式会社ショクリュー

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
水産物の事ならお任せください!
国内売買、海外への輸出入等全般を行っている会社になります。
お気軽にブースへお立ち寄り頂ければと思います。
出展製品 冷凍水産物

株式会社ショクリュー イメージ

株式会社JAPAN NETWORK TRADING

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
弊社(株式会社JAPAN NETWORK TRADING)はベトナム・シンガポールを中心にアジア圏への冷凍水産加工品の輸出を定期的に行っている輸出商社です。
日本各地にある、こだわりとプライドを持って商品の生産を行うメーカーより仕入れた商品、弊社スタッフが試食して納得した商品だけを厳選して輸出を行っております。

今回は、北海道の「鱒醤油いくら」と「帆立貝柱」、広島県の「殻付き牡蠣」をご紹介します。弊社のブースでは、出展商品の試食を予定しております。また、日本語・英語の商品資料を用意いたします。バイヤーの皆様のご来訪をお待ちしております。
出展製品 冷凍水産物(鱒醤油いくら、殻付冷凍かき、帆立貝柱)

株式会社JAPAN NETWORK TRADING イメージ

株式会社髙政

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
・漁港の町女川に位置し、魚の買い付けから最終商品のかまぼこまで一貫して行っている日本でも数少ないかまぼこメーカーで、創業80年以上の老舗です
・2017年に「御膳蒲鉾かき」で農林水産祭 天皇杯を、2023年に「ぷちあげたこ」が全国水産加工品総合品質審査会 農林水産大臣賞を受賞しました
・日本の伝統的な蒲鉾は未だ世界では十分に知られておりませんが、その美味しさとヘルシーさ、冷菜・温菜両方に使用できる汎用性は、海外で人気を博するものと確信しています。
出展製品 髙政笹かまぼこ、髙政ぷちあげ(たまねぎ)添加物フリー、髙政 御膳蒲鉾

株式会社髙政 イメージ

田中食品株式会社

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
創業122のふりかけ専門メーカー
・長年培った乾燥技術と調味技術で本物素材を使い、安全、安心、おいしい、健康の食品を作り続いています。
・誕生したから107年のローグセラー商品「旅行の友」。
・日本初のミニパックの製造ライン。
・特許を取得した巻くふりかけの技術。
出展製品 ふりかけ、旅行の友、世界の友、巻くふりかけ鮭

株式会社ディメール

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
日本国産鯖や帆立を使用した加工品を出展しております。
しめさば、冷燻商品をご紹介致します。
出展製品 元祖国産しめさば、切れてる梅酢しめさば、鯖の冷燻、帆立の冷燻、鯖のスモーク、鯖のパストラミ

株式会社ディメール イメージ

株式会社八葉水産

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
三陸産のわかめやめかぶなどに、国産野菜を加え、オリーブオイル、にんにくやリンゴ酢を用いてバジル風味に仕上げた、新感覚の海藻ペースト(ゆず風味)がおすすめです。その他、三陸産めかぶやもずくりんご酢、三陸塩辛やいか明太子など、独自製法で仕上げた人気商品も紹介します。
出展製品 海藻ペースト(ゆず)、三陸産釜茹めかぶ タレ別添、味付もずくりんご酢、三陸塩辛、JAPANいか明太子

株式会社八葉水産 イメージ

合同会社ハッピーオーシャン

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
日本国産水産物の素材本来の美味しさを活かした商品を展示し試食を提供致します。大量生産はできませんが「笑顔になれる食卓を」実感できると思います。試食数限定になりますので興味ある方は早めにお越しいただければ幸いです。
出展製品 日本国近海で漁獲された天然鮮魚を原料とし素材の美味しさを活かした高品質な水産加工品を提供してます。化学調味料、着色料、合成保存料等薬品を使用してません。直ぐ食べれる、調理し易いように処理済なので簡単に使え、料理のクオリティーを高めます。

合同会社ハッピーオーシャン イメージ

株式会社福井

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
三重県桑名市にあるシーフードメーカーです。

1962年の創業以来、海の幸の代表である海苔・昆布・海老などの「シーフード」を通じて、全国のご家庭の食生活に少しでも寄与するよう、ひたすら本物の味、自然の味追求に努めてまいりました。

 B2B商材の販売先は、国内外の米菓や調味料等メーカー、外食産業、卸売り等です。
新たな自社ブランドである「のりもも norimomo」を立ち上げました。このB2C商材の販売先は、国内外のセレクトショップなどです。百年先に海苔を繋げ、「新しいのり、楽しいのり。のりをひらく、のりもも」を目指して活動しております。
 「のりもも」ブランドは、3つのブランドラインで商品を展開しており、ユニークなデザインで若年層の方にも好評を頂いております。
https://www.norimomo.com/

 のりは、日本の伝統食で、朝食には、納豆と一緒に味付け海苔で、おにぎりには海苔を巻いてあります。そんな、海苔の世界を全てではありません。
 食卓もだんだんとグローバルになり様々な食材が、様々な可能性を拓いています。海苔も例外ではありません。
 私たちは、海苔の可能性を引き出し、もっと様々な場所やシーンで、もっと様々な食べ方ができるそんな食材に育てていきたいです。

【のりの世界を広げます。】
百味百選/楽しみ方を創る。百魅百伝/魅力を伝える。百古百新/古きを守り新しさを創る。
出展製品 海苔

株式会社福井 イメージ

福井中央魚市株式会社

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
弊社は福井県・福井市にある中央卸売市場内の水産荷受会社(大卸)になります。鮮魚・冷凍・塩干品の取り扱いだけではなく、10年前よりふくいサーモン(海面:養殖トラウト、淡水:養殖にじます)の養殖も自社で一貫養殖を行っています。養殖は委託ではなく、自社社員が卵の孵化から出荷までをトータルで管理しております。

2024年春から淡水・陸上での“かけ流し養殖”、「ふくい名水サーモン(養殖ニジマス)」が年中フレッシュでの出荷が可能になります。

淡水養殖のふくい名水サーモンは、抗生物質もワクチンも使用せず自然環境が豊かな山奥で川の水を利用してかけ流し養殖を行っております。(日本初の淡水にじますASC認証取得)

出荷については、ラウンドで出荷するだけではなく、お客様のご要望に合わせてドレス、トリムC、トリムE、ロイン、スライス、スモーク等、各製品を一緒に作り上げていく事も可能です。

また、弊社は荷受会社になりますので、北陸・日本海側の鮮魚や加工品など、色々な提案が可能です。

魚の中でも集荷量が多いのは、天然ぶり・はまち、しいら、さごし等で、輸出も行っています。

天然ぶり・はまちは、生食可能な鮮度の原料を使用し、漬け・タタキ・スモーク・切身など各種製品の提案も可能です。

ぜひ一度、御社のご要望をお聞かせ下さい。
出展製品 ふくいサーモン、国産サーモン、淡水、通年販売、フレッシュ、無投薬、かけ流し、陸上、にじます、一貫生産、ASC認証

株式会社凰陽 / 株式会社 三陽

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
三陽グループは漁業から加工、販売まで一貫体制で事業を展開しております。今回はグループの中で海外販売の分野をカバーする凰陽が輸出をターゲットとした北海道産のホタテや養殖のブリなどを中心に日本各地の冷凍水産物を、また、三陽からは自社工場で製造しているアジフライやいかしゅうまいなど、大人気の売れ筋商品をご紹介します。
出展製品 冷凍ホタテ、冷凍ハマチ、冷凍タイ、冷凍アジフライ、冷凍アジフィーレ、冷凍いかしゅうまい、冷凍牡蠣、冷凍サバ、冷凍イワシ、その他冷凍魚

株式会社凰陽  / 株式会社 三陽 イメージ

丸善食品工業株式会社

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
丸善食品工業株式会社
出展製品 海鮮系調味料、並びに海鮮系調味料が使用されているラーメンスープ。貝汁、えびかに汁、魚介つけ麺、和風醤油ラーメンスープ、醤油ラーメンスープなど

丸善食品工業株式会社 イメージ

山形県水株式会社

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
山形県水グループの中心である山形県水株式会社は昭和56年に水産物の卸業として設立致しました。お主に包装済み食品 乳製品、加工食品、チルド・冷蔵品を扱っています。スーパー向けの卸売会社でございます。

お客様の多様なニーズによって水産加工、食品加工を取り扱うようになり、加工工場;株式会社食賛を設立しました。

時代の流れとともに、幅広い物流ニーズに対応すべく株式会社オネテックを設立し、「新鮮で安全な食品の提供」をモットーに山形県内はもちろん、隣県の福島県、宮城県への食品流通を支えています。

現在カニ製品を中心とした食品の海外への輸出も行っております。
出展製品 殻付爪M、生ずわい棒、爪ポーション41/50、棒肉IQF(M)、ずわいがに特上棒肉おみ脚

山形県水株式会社 イメージ

山松水産株式会社

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
1969年創業、刺身用冷凍マグロのパイオニアである焼津・山松水産が冷凍マグロのサクを出展します。試食もご用意しておりますので、ぜひ一度、弊社のブースにお立ち寄りください。
出展製品 冷凍マグロ サク

山松水産株式会社 イメージ

勇和水産

FOODEX JAPAN 2024 / 2024 食肉産業展 水産 ブース番号 W1-W31
生産者自ら牡蠣の生産方法、冷凍技術等ご説明いたします。
出展製品 生食用 DENBA+冷凍殻付き牡蠣 喜多嬉かき

勇和水産 イメージ